進捗の報告など


by zvddhrjnys
 厚生労働省の研究班は3月23日、「中年期における大幅な体重の減少・増加ともにその後の死亡リスクの上昇に関連している」との研究結果を発表した。

 調査は、1990年と93年に、岩手県二戸、秋田県横手、新潟県長岡、長野県佐久、茨城県水戸、東京都葛飾区、大阪府吹田、高知県中央東、長崎県上五島、沖縄県中部・宮古の11保健所管内に住んでいた人のうち、がんや循環器疾患になっていなかった40-69歳の男女約8万人を2005年まで追跡調査。その結果を基に、研究開始時から5年間の体重変化と、5年後以降の総死亡、がん死亡、循環器疾患死亡との関連を調べた。
 5年後の調査から約8.7年の追跡期間中に、4232人の死亡が確認され、このうちがん死亡は1872人、循環器疾患死亡は1021人だった。

 研究班は、研究開始時と5年後調査時の体重を基に、5年間の体重の変化を算出し、「5kg以上減少」「2.5-4.9kg減少」「2.4kg以内の変化」「2.5-4.9kg増加」「5kg以上増加」の5グループに分類して、死因別死亡リスクを調べた。

 その結果、中年期の5年間に体重があまり変化しなかった「2.4kg以内の変化」群と比べると、「5kg以上減少」群では総死亡リスクが男性は1.4倍、女性は1.7倍に上昇。「5kg以上増加」群では総死亡リスクが、男女ともに1.3倍に上昇した。また、がん死亡のリスクは、「5kg以上減少」群で男女ともに1.5倍、循環器疾患死亡のリスクは、女性の「5kg以上増加」群で1.9倍に上昇した。

 今回の研究で、中年期における大幅な体重の変化がその後の死亡リスクの上昇に関連していることや、特に体重減少に伴うリスク上昇が顕著であるという結果が得られた。研究班では「体重をある範囲内に維持していることが生命予後にとって好ましい状態であることが示唆される」としている。
 なお、今回の調査では、体重減少の理由は把握していないため、研究班はこの点についてさらに検討が必要と指摘している。


【関連記事】
男性の大腸がんリスク、マグネシウム摂取量高いほど低下傾向
喫煙経験のない男性、イソフラボン摂取で肺がんリスク低下
糖尿病性腎症の関連遺伝子を発見―理研
糖尿病治療の血糖コントロール指標「HbA1c値が最も重要」
「日本人は太っていなくても糖尿病になりやすい」認知度は4割未満

鳩山邦氏の離党届受理=自民(時事通信)
生方氏、地元で小沢氏批判「説明責任果たしていない」(スポーツ報知)
「若手を総裁・幹事長に」自民・与謝野氏(読売新聞)
強盗容疑で28歳男逮捕=290万円奪い6年逃走−警視庁(時事通信)
あがらの言葉、後生に 和歌山県の方言、デジタル音源化(産経新聞)
[PR]
# by zvddhrjnys | 2010-03-31 11:26
 民主党の小沢幹事長は23日、記者会見を開き、北海道教職員組合による政治資金規正法違反事件で、陣営幹部が起訴された同党の小林千代美衆院議員が当面は議員辞職も離党も否定したことについて、「国会議員は、自分の立場で責任を考えて自分で判断すべきだという私の立場は変わらない」と述べた。

 党内では小林氏の離党や議員辞職を求める声も根強く、鳩山首相は23日朝、小林氏の進退問題について、党側と協議する考えを示していた。これについて、小沢幹事長は「総理から直接聞いたわけではないので、どういう意味で言ったのか知りません」と語った。

インフルサーベイ見直しで事務連絡―厚労省(医療介護CBニュース)
森田さん、桜開花予想的中のはずが目前で散る(スポーツ報知)
<名古屋市議会>減税条例修正案を可決 市長と全面対決に (毎日新聞)
将棋棋王戦、久保勝ち最終決戦に(産経新聞)
<子ども手当法>成立 6月から支給(毎日新聞)
[PR]
# by zvddhrjnys | 2010-03-29 10:59
 皇太子ご一家は24日、静養のため長野新幹線で長野県入りした。ご一家はここ数年、長女愛子さま(8)=学習院初等科2年=の春休みを利用して同県北部に滞在し、スキーを楽しんでいる。

 ご一家は雨の中、午後1時過ぎにJR長野駅前に傘を差しながら姿を見せた。学校生活に不安感があるという愛子さまは、薄いピンクのダウンコートを着て、右手に白いバッグを持っていた。駅頭に集まった人たちに対してにこやかに手を振るご夫妻と一緒に、迎えの車に乗り込んだ。

戦没者を洋上慰霊8千キロ、激戦のレイテ沖など(読売新聞)
検察、有罪立証の方針=布川事件の再審公判(時事通信)
<児童虐待>厚労省と文科省が指針策定(毎日新聞)
受信料訴訟、NHKが初敗訴=契約成立認めず−札幌地裁(時事通信)
指示通り服用「非難できない」=抗うつ剤で心神耗弱認める−強盗殺人未遂・さいたま(時事通信)
[PR]
# by zvddhrjnys | 2010-03-26 22:32
 三井住友銀行の融資をめぐり、決算書を偽造して計5億5千万円をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた不動産会社「コシ・トラスト」(東京都渋谷区)社長、中林明久被告(41)の判決公判が16日、東京地裁で開かれた。朝山芳史裁判長は中林被告に懲役4年(求刑懲役7年)を言い渡した。

 また共犯とされた元社員、斎藤貴嗣被告(46)は懲役2年6月、執行猶予4年(求刑懲役3年)とした。

 朝山裁判長は中林被告について「詐取金のうち4億円以上を取得している」と指摘。「犯行の中心的役割を果たし刑事責任は重い」と断じた。一方、斎藤被告は「従属的だった」として執行猶予とした。

 また詐取金4億5千万円については同行の元行員、堀真文被告(44)=同罪などで起訴=との共謀を認定した。

【関連記事】
レタスカード元社長ら起訴 架空債権譲渡で36億円詐欺 京都地検
フィッシング対策協議会、詐欺サイトURLを見抜く学習ゲーム
「過去に自分も被害…」プレステ3の代金詐取男を逮捕
架空名義で1億4千万円の融資引き出し 琉球銀行員
偶然デジカメ届く? 振り込め詐欺で130万円被害
20年後、日本はありますか?

さよなら「サラリ君」 西村宗さんに聞く ひらめきと冷や汗の30年(産経新聞)
診療報酬改定受け「地域・院内での連携を」(医療介護CBニュース)
阿久根市側の敗訴確定=解雇職員給与未払い訴訟−鹿児島地裁(時事通信)
禁煙したい喫煙者、「増税を機に」が6割以上(医療介護CBニュース)
普天間移設 政府案暗礁 首相困惑、打つ手なし 安保の政局利用、ツケ重く(産経新聞)
[PR]
# by zvddhrjnys | 2010-03-24 23:50
 第2回絹谷幸二賞(毎日新聞社主催、三井物産協賛)の贈呈式が17日、東京都千代田区の学士会館で開かれ、約100人が出席。絹谷幸二賞の大谷有花(ゆうか)さん(32)=神奈川県相模原市、奨励賞の小沢さかえさん(29)=京都市=に、菊池哲郎・毎日新聞社常務取締役・主筆から賞状が贈られた。

 大谷さんは「これまで以上に気合が入った個展の作品を評価していただいた」とあいさつ。小沢さんは「ものすごく大きな励ましをいただいたことを実感しています」と喜びを語った。絹谷さんは「これから一層活躍して、この新しい賞を重みあるものにしてください」と2人を激励した。

鳩山首相 「法人税は減税の方向で」 参院予算委(毎日新聞)
鳩山政権、あす発足半年 内部崩壊の足音 「いつか来た道」(産経新聞)
首相動静(3月19日)(時事通信)
<地下鉄サリン>15年でつどい 元警察庁長官「反省多い」(毎日新聞)
<仏像展>会場を変更へ 新潟市長が方針(毎日新聞)
[PR]
# by zvddhrjnys | 2010-03-20 17:18