進捗の報告など


by zvddhrjnys

<   2010年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 足利事件で再審公判中の菅家利和さん(63)の弁護団は1日、宇都宮地裁(佐藤正信裁判長)で26日に開かれる判決公判で、菅家さんが廷内にいる状態での報道陣による廷内撮影の許可を求める上申書を地裁に提出した。

 上申書は「再審公判は名誉回復のため」と述べ、菅家さんの在廷状態での撮影だけでなく、判決の言い渡しとその後に続くとみられる裁判官の見解表明場面の撮影許可も要求。「裁判員時代を迎え、(重大な誤りを犯した)刑事司法がなお国民の信頼に値することを示すためには(撮影許可が)求められている」と結んでいる。

 弁護団は昨年11月にも同様の趣旨の上申書を提出した。しかし、地裁は菅家さんが在廷した状態での廷内撮影を一切認めてこなかった。【吉村周平】

「12年から経営悪化」 鳥取裁判員裁判 会計士が証言(産経新聞)
北海道・根室で30センチの第一波観測(産経新聞)
真央、好調の裏に小顔マッサージ(スポーツ報知)
<伊方原発>プルサーマル試運転 3号機の発電再開(毎日新聞)
10年度予算案、3月2日に衆院通過=採決で合意−民、自、公3党(時事通信)
[PR]
by zvddhrjnys | 2010-03-06 13:23
 奈良県橿原市と御所市にまたがる観音寺本馬遺跡で、縄文時代晩期(約2800年前)のクリの木の根株25株がまとまって確認され、橿原市教委が26日発表した。クリ林は狩猟採集で生活していたとされる縄文人が、食料確保のために植林していたことを示す重要な発見になるという。

 縄文時代の人工林の存在は、三内丸山遺跡(青森県)の花粉のDNA分析などで指摘されているが、実物の根株の分布によって明らかにされるのは極めて異例という。

 この遺跡から出土した根株68株を顕微鏡で分析した結果、20種の樹木が確認され、約半数が食用可能な種だった。クリは最多の25株を占め、水路に囲まれた80メートル四方のエリアに集中していた。

 クリ林は集落の住居跡から約300メートルと近く、クリだけの林が自然に存在するとは考えにくいことから、市教委は「クリを中心に利用価値の高い植物を局地的に栽培していたのではないか」と話している。

 現場は既に埋め戻されており、発掘成果は27日から5月9日まで、橿原市千塚資料館で紹介される。

【関連記事】
弥生時代後期の貴重なガラス製、初の「J字」勾玉が出土 松江市
西郷隆盛軍の「雷管」出土 熊本、西南戦争の激戦地示す
僧侶も筆の誤り?文字修正の写経 滋賀・天神畑遺跡
「天皇のよろい」発見 長岡宮跡 推古〜桓武時代 200年継承
大阪・梅田北ヤード開発に影響? 貨物駅機能移転先で遺跡調査

羊 ママとじゃれあい…出産ピーク 群馬・渋川の牧場(毎日新聞)
国民の「幸福度」を調査へ=新成長戦略の指標に−政府(時事通信)
南米チリでM8・5の強い地震(読売新聞)
<中2自殺>いじめか? 手紙でほのめかす 東京・清瀬(毎日新聞)
ΝMaicovicon
[PR]
by zvddhrjnys | 2010-03-04 22:04
 岡田克也外相は27日、三重県四日市市で講演し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題について「(県外移設の)実現可能な具体案があるかというと、非常に厳しい部分がある」と述べ、社民党が主張している県外や国外への移設は困難との認識を示した。
 また、「鳩山由紀夫首相が5月末までに結論を出すと明言している。必ずやり遂げなければならない」と述べ、5月中に決着させる必要性を強調した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
小沢氏を怒らせた「農業土木一家」

裁判員裁判で初の死刑求刑か 男女強盗殺人、午後選任手続き 鳥取地裁(産経新聞)
イカナゴ漁が解禁 播磨灘に春の訪れ(産経新聞)
夕張市 カジノ、産廃処分場…迷惑施設で起死回生?(毎日新聞)
審議拒否“不発” 自民いがみ合い 谷川氏「与党にはカエルの面に…だ」(産経新聞)
若田宇宙飛行士 ISS運用ブランチチーフに 日本人で初(毎日新聞)
[PR]
by zvddhrjnys | 2010-03-03 11:32

ヤマトキヨウダイ

ヤマトキヨウダイは、日本中央競馬会(JRA)に所属していた競走馬で、元種牡馬である。尚、馬齢は旧表記とする。経歴1960年5月9日、北海道浦河郡浦河町の伏木田牧場に生まれる。母のヤマトチカラの馬主であった門井みちの所有馬となり、東京競馬場の稲葉幸夫厩舎に預託される。3歳?4歳1962年10月21日、東京競馬場でのサラブレッド3歳新馬戦にて梶与四松騎乗でデビューし、9番人気で2着入線。同年11月17日にデビュー3戦目のサラブレッド3歳未勝利戦(東京競馬場)で初勝利を挙げた。陣営では当時の日本競馬の主力サイアーであったヒンドスタン産駒であり、母の父が東京優駿馬のクモハタという良血であることからクラシック戦線への期待をかけていたが、4歳春は思うように成績が上がらず、1963年4月29日の40万円下条件戦での1勝のみとなった。その後、8月の福島競馬場での信夫特別で加賀武見に乗り代わって勝利すると、9月8日、秋競馬緒戦の京王杯オータムハンデキャップに挑戦したが同じ稲葉幸夫厩舎のトキクインの5着と敗れた。その後はオールカマー、カブトヤマ記念、クモハタ記念と重賞に連続出走したが、勝つことは出来なかった。5歳?6歳明け5歳となった1964年、1月3日の正月競馬金杯5着の後、2月23日の中山記念で3着、6月13日の平場オープン競走では当時若手騎手であった嶋田功が騎乗して1着となる。中1週置いて日本経済賞で1着となり、重賞初制覇。その後は重賞格上げ前のCBC賞(オープン特別)でも1着となった。迎えた秋競馬緒戦の京王杯オータムハンデで2着、毎日王冠では4着と敗れはしたものの、天皇賞の前哨戦となった目黒記念(秋)でアサホコ(後の天皇賞馬)に競り勝つ。その勢いで第50回天皇賞(秋/芝3,200m)に出走。2番人気に支持され、レースでは同期のメイズイ(1番人気)など他馬を寄せ付けず、3分21秒7の当時のレコードタイムで八大競走初制覇を果たした。そして暮れの第9回有馬記念に出走。この有馬記念にはこの年の4歳クラシック三冠馬のシンザンは出走しなかったが、メイズイ、ウメノチカラ、ヒカルポーラなどの顔ぶれが揃う中、3番人気に支持され、牝馬トーストに1馬身3分の4の差をつけて優勝。八大競走2連勝を飾ると同時に、1964年度の啓衆社賞最優秀5歳以上牡馬に選ばれた。ヤマトキヨウダイは6歳も現役を続行し、勝ち

南九州市で竜巻=滑り台20メートル飛ぶ−鹿児島気象台(時事通信)
<JR大阪駅>国内初 ホーム覆うドーム(毎日新聞)
「負けに不思議の負けなし」=ノムさん、自民党大会で辛口分析(時事通信)
<タクシー>事故防止へ室内カメラ…2千台に装備 北海道(毎日新聞)
クジラ肉お買い得 キタの百貨店(産経新聞)
[PR]
by zvddhrjnys | 2010-03-02 03:31